ホーム >金融犯罪にご注意下さい > 生体認証機能付ICキャッシュカードのお取扱いについて

金融犯罪にご注意ください

生体認証機能付ICキャッシュカードのお取扱いについて

当行では、偽造・盗難キャッシュカードによる不正払戻への防止効果が高い「生体認証機能付ICキャッシュカード」のお取扱いをしております。

 

 

ICキャッシュカードとは

ICチップを搭載したキャッシュカードのことです。ICチップは暗号化の技術などにより偽造や不正な読取が困難なため、従来の磁気ストライプカードに比べてセキュリティが極めて高くなっています。
ICキャッシュカードは、通常はその利用を可能とする対応を行ったATM(以下「IC対応ATM」といいます)以外ではご利用になれません。ただし、「あおぎんICキャッシュカード」は従来のキャッシュカードと同様に磁気ストライプも付いておりますので、IC対応ATM以外のATMでもご利用になれます。

 

生体認証とは

一人ひとり異なる身体上の特徴を使用して本人確認を行う認証方式のことで、当行では「手のひら静脈認証方式」を採用しております。「手のひら静脈」のパターンは、指紋等と同様に一人として同じパターンがないため、極めて有効性の高い本人確認方法です。

 

 

生体認証機能のご利用方法

ICキャッシュカードのICチップに、当行窓口であらかじめお客さまの「手のひら静脈パターン」を登録していただきます。
お引出し等の際、当行のIC対応ATMに設置された「認証装置」に手のひらをかざしていただき、ICチップに登録された「手のひら静脈パターン」と照合することで、お客さまの本人確認を行います。なお、提携金融機関のATMおよびイーネット(コンビニATM)では、生体認証機能はご利用になれません。
icキャッシュカード利用の画像

 

 

IC振込券機能

「あおぎんICキャッシュカード」は、ICチップ内に振込先情報を10件、振込依頼人情報を3件登録できますので、従来のように振込先ごとに振込券をお持ちになる必要はありません。なお、従来の振込券もそのままご利用になれます。
IC振込券機能は、そのICキャッシュカードからのお引出しによるお振込み、または現金によるお振込みを行う場合にご利用いただけます。他のカードからのお引出しによるお振込みの場合は、ご利用いただけません。
IC振込券機能は、当行のIC対応ATMでのみご利用になれます。提携金融機関のATMおよびイーネット(コンビニATM)では、ご利用になれません。

 

 

ご利用限度額

1日あたりのご利用限度額は、1生体認証をご利用される場合、2生体認証を利用せず通常のICキャッシュカードとしてご利用される場合、3従来と同様の磁気ストライプキャッシュカードとしてご利用される場合のそれぞれに応じて設定されています。詳しくはATMのご利用限度額についてをご覧ください。

 

 

カード発行の対象となるお客さま

個人のお客さま(個人事業主の方を含みます)を対象とします。法人および法人格のない団体等のお客さまについては、発行の対象となりません。

 

 

カード発行の対象となる預金

普通預金および貯蓄預金を対象とします。カードローンは対象となりません。

 

 

カードの有効期限

ICキャッシュカードには、セキュリティを保つため5年間の有効期限が設定されています。有効期限は、カード表面に表示された発行年月(西暦)の5年後の月末日となっています。
有効期限の前月末日までに解約のお申し出がない場合には、有効期限更新後の新カードをお届けのご住所へお送りします。旧カードは、新カードをお受取り後、お客さまご自身によりICチップと磁気ストライプの箇所を切断し、使用不能としたうえで廃棄していただきます。

 

 

カード発行手数料

ICキャッシュカードの発行(毀損・紛失等による再発行および有効期限到来による更新発行を含みます)にあたっては、カード発行手数料(消費税込み1,080円)をいただきます。なお、代理人カードも発行する場合は、ご本人カードおよび代理人カードのそれぞれについて手数料をいただきます。
有効期限到来による更新発行時の手数料は、預金口座から自動的に引落します。当行所定の期限までに手数料の引落しができない場合には、ICカード発行の取りやめまたはICカード利用の停止を行うことがあります。

 

 

くわしくは、<あおぎん>窓口にどうぞ。

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。

このページのトップへ