ホーム > 金融犯罪にご注意下さい > ATMのご利用限度額について

金融犯罪にご注意ください

ATMのご利用限度額について

 

1日あたりATMご利用限度額

1生体認証を利用する場合、2生体認証を利用せず通常のICキャッシュカードとして利用する場合、3磁気カードとして利用する場合(通帳を利用する場合を含みます)のそれぞれに応じて、下表の金額となります。

 
現金お引出し
お振り込み
1生体認証を利用する場合
200万円
500万円
2生体認証を利用しない場合
(ICカード)
100万円
200万円
3磁気カードとして利用する場合
(通常のキャッシュカード・通帳)
100万円
200万円

(注)上記の限度額は加算しません。したがって、既に1生体認証で100万円を超える現金お引出しをなさっている場合には、2あるいは3での現金お引出しはできません。(基準限度額の場合)

 

 

1日あたりATMご利用限度額の任意設定

お客様のご希望により当行所定の範囲内で、ご利用限度額を任意設定いただけます。

 

設定可能な限度額の範囲

 
現金お引出し
お振り込み
1生体認証を利用する場合
0万円以上
300万円以下
0万円以上
1,000万円以下
2生体認証を利用しない場合
(ICカード)
0万円以上
200万円以下
0万円以上
500万円以下
3磁気カードとして利用する場合
(通常のキャッシュカード・通帳)
0万円以上
200万円以下
0万円以上
500万円以下

(注)限度額の設定は、1万円単位でご指定いただけます。

限度額を変更した場合でも、1回あたりのお振り込み金額は、300万円を限度とさせていただきます。

 

 

任意設定のお手続き方法

 ■ATMまたは、お近くの<あおぎん>窓口でお手続きいただけます。

※手続に係る手数料は無料です。

 
ATMでのお手続き
窓口でのお手続き
ご利用限度額の引き下げ
可能
可能
ご利用限度額の引き上げ
お受付できません
可能

 

ATMでお手続き頂く際のご注意

「提携他金融機関のATMおよびイーネット(コンビニATM)では、変更のお手続きはできません。」
ご利用限度額の引き上げは、 < あおぎん > 窓口でのみお手続き可能となりますのでご注意ください。

 

<あおぎん>窓口でお手続き頂く際のご注意

◆お手続きには次の書類が必要となります。

 
通帳
キャッシュカード
お届け印
ご本人確認資料
引き下げ
 
引き上げ
●※

※運転免許証等のご本人を確認できる書類が必要となります。

 

 

 

くわしくは、<あおぎん>窓口にどうぞ。

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。

このページのトップへ