ホーム > 青森銀行について > CSRへの取り組み > 地域密着型金融推進 > 【参考】リレーションシップバンキング強化の状況

【参考】リレーションシップバンキング強化の状況

 

 

「リレーションシップバンキングの機能強化」とは?

平成15年3月に金融庁により発表された「リレーションシップバンキングの機能強化に向けて」では、「リレーションシップバンキング」について、“金融機関が顧客との間で親密な関係を長く維持することにより顧客に関する情報を蓄積し、その情報をもとに貸出等の金融サービスの提供を行うことで展開するビジネスモデルである”としています。「リレーションシップバンキングの機能強化」とは、主要なお客さまである県内の個人・中小企業等の皆さまとの長期的な信頼関係に基づくお付き合いの中で蓄積してきた情報をもとに、 より円滑な資金供給や各種サービスの提供等の役割を適切に、持続可能な形で果たしていくことです。

「リレーションシップバンキングの機能強化計画」(要約)について

「リレーションシップバンキングの機能強化計画」(要約)pdfファイル(121KB)

 

「リレーションシップバンキングの機能強化に関するアクションプログラム」は、金融庁が平成14年10月に発表した 「金融再生プログラム」の地域金融機関版として平成15年3月に示されました。地元企業の再生と地域経済活性化を進め、 不良債権問題の解決を目指すよう求めており、当行では平成15年8月に「リレーションシップバンキングの機能強化計画」 を策定し、平成15年度と16年度の2年間を「集中取り組み期間」として設定しています。

機能強化計画の進捗状況(要約)について

「リレーションシップバンキングの機能強化計画」の進捗状況について、半期毎にお知らせいたします。

平成16年10月から平成17年3月までの進捗状況pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(296KB)

平成16年4月から平成16年9月までの進捗状況pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(47KB)

平成15年10月から平成16年3月までの進捗状況pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(73KB)

平成15年4月から平成15年9月までの進捗状況pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(61KB)

地域貢献に関する情報開示について

「リレーションシップバンキングの機能強化に関するアクションプログラム」において示されました「地域貢献に関する情報開示」です。

平成19年5月pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(146KB)

平成18年9月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(140KB)

平成18年3月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(532KB)

平成17年9月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(519KB)
平成17年3月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(464KB)
平成16年9月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(131KB)
平成16年3月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(443KB)
平成15年9月期pdfファイル:こちらをご覧になるにはAdobeReaderが必要です。(339KB)

 

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。

このページのトップへ