ホーム > 青森銀行について > ごあいさつ

ごあいさつ

 皆さまには日頃より格別なお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。
 2016年度の青森県経済は、緩やかな持ち直しで推移しました。雇用情勢の改善が続き、雇用者所得が漸く上向いてきたことから、嗜好品や高単価商品の販売が堅調に推移したほか、テレビや白物家電を中心に明るさがみられ、乗用車販売は新車投入効果により底堅く推移しました。消費増税延期の決定に加え、低金利環境が継続するとの見方から、住宅投資が持ち直した一方、公共投資は横ばい圏内の動きとなりました。生産面は、通信機器や産業機械向け部品を中心に電気機械が高水準で推移したほか、首都圏の民間工事の増加や、国内自動車向け需要の持ち直しにより、素材関連も生産水準を引き上げています。一方、先行きについては、人手不足の深刻化や、世界情勢における不確実性の高まりによる生産面への影響など、懸念材料が存在します。
 このような経済情勢の下、人口減少と事業先の減少が進行する地域社会にあっては、地方創生ならびに地域活性化に取り組んでいくことが、地域金融機関に課された責務であると考えております。2016年4月にスタートした第15次中期経営計画「あおぎんLeadingプラン」では、当行の目指す姿として「県内No.1の信認と圧倒的な存在感を有し、地域活性化をリードする銀行」を掲げております。中計の方針である「現場営業力の強化」を着実に推し進め、地域の活力ある未来の創造に貢献し、当行の企業価値と競争力を高めるために、役職員一同努力してまいります。
 今後とも変わらぬご支援とお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


SSL/TLSとは?

 

このページのトップへ