ホーム > 青森銀行について > 会社情報 > 沿革

沿革


明治 12年 1月 1879年 第五十九国立銀行(現青森銀行の母体)創業
  30年 9月 1897年 (株)第五十九銀行となる

昭和 18年 10月 1943年 第五十九・津軽・板柳・八戸・青森の5行が合併
「青森銀行」創立
  27年 7月 1952年 東京事務所開設
  28年 12月 1953年 預金100億円突破
  34年 12月 1959年 資本金3億5,000万円に増資
  37年 3月 1962年 東京支店開設
  38年 9月 1963年 預金500億円突破
  39年 3月 1964年 仙台支店開設
  41年 3月 1966年 札幌支店開設
  42年 11月 1967年 預金1,000億円突破
  45年 7月 1970年 新本店完成
旧本店は青森県に寄贈し、県立郷土館となる
  47年 3月 1971年 住宅ローンの取扱開始
  48年 4月 1973年 為替オンラインシステムの開局
        外国為替業務取扱開始
    10月   東京証券取引所第2部へ株式上場
  50年 3月 1975年 東京証券取引所第1部に指定替え
        事務センター完成
    6月   預金オンラインの実施
  53年 6月 1978年 預金5,000億円突破
    7月   財団法人青森地域社会研究所の設立
    10月   全店預金オンライン完成
  58年 4月 1983年 国際窓販業務取扱開始
    10月   資本金76億7,600万円に増資
  61年 4月 1986年 海外コルレス業務開始
  62年 6月 1987年 県内7信用金庫とCD提携開始
    12月   預金1兆円達成

平成 元年 1月 1989年 海外コルレス包括承認銀行認可
    4月   資本金121億6,400万円に増資
  2年 2月 1990年 都市銀行との全国CD提携開始
  3年 12月 1991年 預金1兆5,000億円達成
  5年 10月 1993年 創立50周年・「あおぎん賞」創設
  7年 5月 1995年 「あすなろNET」の取扱開始
  8年 4月 1996年 自動機の祝日稼働開始
  9年 7月 1997年 株主優待制度「あおぎん悠悠倶楽部」創設
  10年 12月 1998年 本店別館竣工
  12年 4月 2000年 「AAIネット」スタート
    10月   「<あおぎん>つないでネ!ット」の取扱開始
    12月   コンビニATM「E-net」スタート
  13年 4月 2001年 保険窓販(長期火災保険)の取扱開始
  14年 1月 2002年 郵貯とのオンライン提携開始
    4月   投資信託全店取扱開始
    10月   個人年金保険の取扱開始
  15年 4月 2003年 「北東北三行ビジネスネットNetbix」の設立
  16年 1月 2004年 AB-webサービスの本格稼働開始
    6月   預金2兆円達成
  17年 3月 2005年 証券仲介業務の開始
    6月   「<あおぎん>401k総合型プラン」の取扱開始
  18年 6月 2006年 会員制経営支援総合サービスの開始
  19年 3月 2007年 セブン銀行とのATM提携開始
    10月   「パーソナルプラザ」オープン
  20年 8月 2008年 行内資格「マネーカウンセラー」新設
  21年 5月 2009年 地銀共同センターへシステム移行完了
    11月   資本金195億円に増資
  22年 9月 2010年 銀行本体発行クレジットカード「aomo(アオモ)」の取扱開始
    10月   「あおぎん成長ファンド」の取扱開始
  24年 4月 2012年 「事業承継・M&Aサポートデスク」の開始
  25年 7月 2013年 東北6次産業化サポートファンドへの出資
  26年 2月 2014年 あおぎん健康宣言の策定
    5月   青函活性化ファンドの設立
  27年 3月 2015年 <あおぎん>ウーマン・リーダーズ・ネットワークの設立


SSLとは?

 

このページのトップへ